1. HOME >
topics

身延山久遠寺 早朝勤行のご案内

身延山久遠寺の朝のお勤めでは、最高のお経『法華経』の中でも特に重要な「方便品」「寿量品(自我偈)」「神力品(神力偈)」の三品を大勢の僧侶で読み上げます。
どなたでも無料・予約不要でご参列できますので、日蓮大聖人の御霊がお棲まいになる日本の霊山、身延山からお釈迦さまに届くように、ご一緒にお唱えしましょう。

日時・場所

365日 毎朝勤行

4月〜9月 朝5時30分 〜 於 本堂
10月〜3月 朝6時00分 〜
  ※本堂での勤行の後、祖師堂・仏殿での勤行に続きます
※祖師堂の勤行では法華経一部八巻二十八品のうち、毎朝四分の一巻ずつを読誦します

本堂・祖師堂での朝勤の様子(ハイビジョン動画)

三品経とは

二十八章(品)に分けられた法華経の中でも特に重要とされる
「方便品」= 皆成仏:みんなが悟りを開いてお釈迦さまと同じ心になれることが説かれた法華経の第2章(品)。
「寿量品」= 久遠実成:お釈迦さまは遥か昔から永遠の未来まで私たちを導いてくださっていることが説かれた法華経の第16章(品)。
「神力品」= 法華経の大事な教えを世に広めることをお釈迦さまが特別な弟子たちに託したことが説かれた法華経の第21章(品)。
の三章(品)のことです。